sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

短縮URLはアンカーテキストやPageRankを渡すのか | 海外SEO情報ブログ

calendar

短縮URLはアンカーテキストやPageRankを渡すのか | 海外SEO情報ブログ:

Twitterでよく使われるURL短縮サービスの bit.ly やGoogle独自のURL短縮サービスの goo.gl は、元のURLの転送に301リダイレクトを使っています。

Twitterが公式に使っている t.co も301リダイレクトです。

301リダイレクトを使っている限りは他の301リダイレクトと同様に扱い、リンク先にはPageRankもアンカーテキストも流れるということです。

僕のブログの常連読者にとっては驚くような事実ではないかもしれません。

でもMatt Cutts氏があらためてクリアに言い切ってくれたので、確信が持てたという点では価値があります。

ただし注意点もあります。 Matt Cuttsも言っているように、Twitterのサイトで表示された外部サイトへのリンクは短縮であろうがそのままであろうがnofollow属性が自動的に付きます。

したがってリンク先ページにはPageRankもアンカーテキストも渡りません。 nofollowの既定の動きです。

Googleは、Twitterのリンクもランキングの指標に使い始めていますが、通常のリンクとして評価するということではなく、別のシグナルとして評価します。