sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

【組織運営のコツ】~コミュニティなのか?組織なのか?それが問題だ~(前編)

calendar

reload

自分自身も昔犯した過ちなんですが

大きなコミュニティやサークルを主催している人間が
「この集まりを使って、何かやりたい!」

…と言い出すと、迷走したり、空中分解
してしまうことが往々にしてよくあります。

周囲を見てみると、
サークルのような組織のようなコミュニティ(?)を
運営している知人が結構いるので、

●なぜ迷走してしまうのか?
●どうしたら目的達成できる「質の高い集団」になれるのか?

…という観点から、記事をまとめてみたいと思います。

学生・社会人を問わず、
各種サークルや団体を運営している方は、
参考にしていただければ幸いです。

【まず、この記事内でのコミュニティと組織の定義】

ざっくりとした定義ですが、

●コミュニティ
…何らかのコンセプトで人間が集まった場
具体的には、学生・社会人が集まるサークルや
情報交換のためのSNS、メーリングリストなど。

●組織
…何らかの目的を持っており、実際に何らかの活動を行う。
参加するにはコミットメントが求められる。

具体的には、会社やNPOなど。
学生なら「学生団体」と言われるものがこれに近い。

…というイメージです。

【根本的に、コミュニティと組織は別のものである】

コミュニティというのは、「人間の集まる場」であって、
そこに集まっている人間は、必ずしも
何かアクションを起こす為に集まっているわけではない。

線引きは難しいのですが、
コアとなる目標が共有されていないのであれば、
それは組織ではなくコミュニティになると思います。

一方、組織というのは何かしら目的と目標を持っていて、
それに向けて活動をすること、
その活動において統制が取れていることが望ましい。

【具体的な、組織運営の失敗例】

●ケース1:サークルを組織化しようとして失敗する

コミュニティに集まった一部のメンバーが
「何かやりたい」と言い出すケースがあります。

(大学生・社会人のサークルによくあります。)

ここで言う「一部のメンバー」は、コミュニティの
中心メンバーであることもあれば、
そうでないこともあります。

「この団体は何のためにあるのか、誰のためにあるのか」
というような議論がはじまり、
そうする中でコミュニティとしての良い雰囲気が失われます。

そして、本来の趣旨に沿っていたメンバーまでが
離れていってしまったりすることもあります。

結局のところ「何かしたい」と言ってはじめた活動もうまくはいきません。

●ケース2:組織の雰囲気がサークル化して失敗する

逆のケースとして、組織の風土がサークルのようになり、
組織として機能しなくなるケースもあります。

団体の代表者は、モチベーションの低いメンバーへの
対応ばかりに時間を取られ、
本来の活動に時間を割くことができなくなります。

仕事をしないメンバーにまで意見を伺ってしまうことで、
的確な意思決定ができなくなったりしてしまいます。

さらに酷いケースでは、そういった状況に愛想をつかした
モチベーションの高いメンバーにまで
組織から離脱されてしまう危険もあります。

そうして、組織全体のパフォーマンスも下がってしまいます。

—–

どちらの場合も、問題は「モチベーションの温度差」である
ことがほとんどです。

そこで考えるべきことが、

「モチベーションの温度差」ってどういうこと?
それってどうやったらなくなるの?

…ということです。

次回、こういった事態を防ぐために
気をつけるべきことについて、書きたいと思います。

【組織運営のコツ】~コミュニティなのか?組織なのか?それが問題だ~(後編)

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す