sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

大衆からの支持より関係者からの支持の方が大切という話

calendar

reload

大衆から支持を得ることと、周囲の関係者から支持を得ること

…経営者にとって、どちらが大事でしょうか?

両方大事…と思われるかもしれませんが、
大衆から支持を得るということは
(ほとんどの人にとって)ビジネス上のメリットが限りなく薄いです。

実際に仕事を一緒にしない、取引をしない、
利害に絡まない世間一般の人たちからの評価というのは
どうしても表面的なものになってしまいます。

表面的な情報だけで評価されたとしても、
万人向けにBtoCの事業を展開している企業を除いて
そんなにメリットはそんなにありません。

▼「ほとんどの人にとって意味が無い」と書きましたが、これには例外があります。

例えば、社会的に影響力の大きな企業の代表者であるとか、
そもそも人気が命の芸能人。

こういった方たちにとっては、
(たとえ表面的であれ、)大衆からの支持は必要なものでしょう。

しかし、そうではない一般のビジネスマンや
そんなに有名ではない中小企業の経営者にとっては
大衆からの支持というものはそんなに必要なものではありません。

▼逆に、大衆からの支持がそんなになく、会社が全く無名だったとしても
実際に取引のあるお客さんから支持されているなら問題ではありません。

一部の部外者からは批判されつつも
お客さんからは評価され、ちゃんと収益をあげている会社はたくさんあります。

それはなぜかというと、部外者からの評価が経営に与える影響は少なく
関係者からの評価が経営に与える影響は甚大だからです。
(それがプラスであれ、マイナスであれ。)

▼何が言いたいのかというと、大衆から支持を得る前に、
現実に取引のある顧客とか、一緒に活動するメンバーとか、
そういった人たちの支持を得られるように努力したほうが良いということです。

ただし、関係者からの支持を得るには
日々の地道な積み重ねや、言ったことに責任を持つこと、嘘をつかないこと
筋を通して義理を守り、四方八方に配慮をすること
などなど、かなり本質的な部分で努力しなければいけませんが…。

大衆からの評価を得ることも無駄ではありませんし、むしろ大事なことですが、
大衆にばかり目を向けてしまって
組織内のメンバーや、お客さん、サポートしてくれる協力者からの
支持を失っていては、元も子もありません。

だから、ブログやTwitterで誇張した自社の自慢なんてしなくてもいいのです。
無理にかっこいい事なんて言わなくてもいいのです。

そんなことは、もっと身近な関係者たちとの
コミュニケーションがしっかり取れた後に始めても遅くはありません。

以上を一言でまとめると、

経営者は、本業とその関係者にこそまず目を向けろ!
ということです。

[PR]運営サイト紹介

筆者が運営に携わっているウェブサイトを一部紹介させていただきます。
▼「転職SWOT」はエンジニア・コンサル・営業などの中途採用情報を検索できる情報サイトです。
京都府の転職情報@転職SWOT
http://swot.jp/job/kyujin/area_id/26

▼「ひとり暮らし白書」は、エイリストで運営している不動産情報サイト。
希望の条件をクリックするだけで、全国200万件以上の賃貸情報の中から好みの物件を探しだすことができます。
東京メトロ東西線の賃貸×ひとり暮らし白書
http://hitorigurasi.info/chintai/rosen/580/

▼おたすけナースは、Axas Consulting Japanで運営している看護師求人サイトです。
さいたま市見沼区の看護師求人情報@おたすけナース
http://www.kangosi.biz/recruit/search/prefecture_id/11/city_id/274

▼医療転職エージェントは医師のための人材紹介サービス。
Axasで運営しています。(東京・大阪近辺を中心にサービス展開中)
西武有楽町線×医師転職エージェント
http://medical-shushoku.com/medical/search/list/pref/13/line/22003