sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

ドリームゲート大挑戦者祭にいってきました。

calendar

reload

ドリームゲート大挑戦者祭でのパネルディスカッションより。

テーマは
「ビジネスパーソンとして身に付けるべきキャリアについて」

【講演者プロフィール】 (大挑戦者祭HPより)

株式会社エイチ・アイ・エス 取締役会長 澤田 秀雄
株式会社エイチ・アイ・エス 取締役会長 澤田 秀雄
高校卒業後、旧西ドイツマインツ大学に留学。80年にインターナショナルツアーズ(現エイチ・アイ・エス)を設立。格安航空券販売を中心にパッ
ケージ旅行の販売を手掛け、急成長を遂げる。96年オーストラリアにThe Watermark Hotel Gold
Coastをオープン。また、同年スカイマークエアラインズを設立、98年に国内航空業界への新規参入を果たす。99年協立証券を買収し、エイチ・アイ・
エス証券(現エイチ・エス証券)を設立。

現在、エイチ・アイ・エス取締役会長、澤田ホールディングス代表取締役社長。

タリーズコーヒーインターナショナル ファウンダー 松田 公太
タリーズコーヒーインターナショナル ファウンダー 松田 公太
1968年、宮城県生まれ。73年からセネガル、79年から米国マサチューセッツ州で過ごす。86年に帰国後、筑波大学に入学。90年、三和銀行
(現・三菱東京UFJ銀行)入行。96年、起業を決意し退行。97年、スペシャルティコーヒーの「タリーズコーヒー」1号店を銀座にオープン。翌年、タ
リーズコーヒージャパン(株)を設立。07年、タリーズコーヒージャパン(株)社長を退任。08年、タリーズコーヒーインターナショナルを設立。同年、ク
イズノスアジアパシフィック社長に就任。

株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任 牧野 正幸
株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸(コーディネーター)
1963年生。大手建設会社での海外購買管理システム開発、ソフト会社取締役を経て、1994年に独立。三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)および
日本IBMと共同で中堅企業のシステム開発、海外ERPパッケージのローカライズ、各業界向けパッケージ開発のコンサルティングを行う。1996年、現
COO阿部、CTO石川とともにワークスアプリケーションズを設立。2001年、代表取締役最高経営責任者に就任、現在に至る。

以下、内容のまとめです。

(話した内容そのままには記録できていませんので、かなり省略しています。内容の正確性は保証できませんのでご了承ください。また、敬称略です。)

●起業するときには成功を確信していましたか?

澤田:
大成功すると思っていた。
でも最初の一ヶ月はお客さんゼロ。
半年経っても、なかなか疑って買ってもらえない。苦労した。

牧野:
自分の場合は、何も考えずに就職した。
そしてすぐ辞めた。

次は、絶対やめないと決めて、
その会社の一部門からスピンアウトすることになった。

●起業するにあたって、ビジネスチャンスよりも、大事なことってありますか?
 「これがないと社会にとってマイナスだ」というような想いとか

澤田:
ビジネスプランをちゃんと立てて、
それで成功している経営者は少ない。

それよりも「絶対成功させる決意」が大事。

松田:
ぜんぜん計画的じゃなかった。どちらかというと情熱。

人には目的と目標を持てとよくアドバイスしているが、
特に目的の方が大事。

自分の人生振り返って、何かのときに
喜怒哀楽を感じたことがあるはず。
その中からやるべきことを考える。

「自分のことだけ」だと、人間弱いから継続しない。

でも社会や家族、親戚、近所に目を向けて
「これは社会にプラスになる」と思うことが見つかれば
それは力になるし成功すると思う。

自分の場合、
日本の食を世界に広げたい。と最初は思った。
(ただ、途中で変わった。)

なぜコーヒーだったかというと、アメリカで飲んだときに
「これはおいしい」と思った。

当時タリーズはボストンにしかなく、小さかった。
これを日本にもっていったらみんな喜ぶんじゃないかと思った。

それで食を通じた交流という目的にかわった。

●起業するに当たって経験しておいた方が良い事と、別にしなくてもいい事

松田:
就活してたときに、先輩から
「銀行は色んな社長に会える」と言われて就職した。

苦労している社長にも会えて、実際為になった。

牧野:
起業するために、業種をこだわるべきだと思うか?

澤田:
好きな方向にいけばいい。

でも、気をつけるべきなのは
素晴らしい技術や発明があるというだけでは失敗するということ。

自分の持っていない能力があるなら、
それを持っている人と組めばいい。

経営は結局のところ人。
いかにして自分に必要な人と仕事するか。

●勉強する時に、本から学ぶべきか、人から学ぶべきか

松田:
人から学ぶことには、デメリットもある。

タリーズをはじめるときに、同じ業界の人に相談したら
やめたほうがいいとみんな言った。

「デフレだから、高いコーヒーなんて売れない」と。

要は、昔から業界にいる人は頭が固くて、ブレイクスルーできない。

澤田:
僕がJTBで働いてたら、今のHISはないと思う。
もちろんJTBから学ぶことは多いが。
学ばないこともチャレンジ。

牧野:
本をたくさん読んで、人生変わった経験はない。
仕事をしていて、コテンパンにやられかけて悩んだときのほうが
学びはあった気がする。

澤田:
事業は問題と失敗の連続。
本からは知識しか学べないと思う。

ただ、賢者は歴史から学ぶともいうし、本から学ぶこともやはりある。
でも、それだけでも駄目。自分でもやること。

牧野:
将来起業をする自分の息子に
「本をたくさん読め」
もしくは
「本を一切読むな」
どちらかしかアドバイスできないならどっちを話す?

松田:
子供の性格によります。
頭でっかちになりそうな子なら、本は読むなと言う。

ちなみに「日経2009来年の展望」を毎年買っているが

僕は、未来の予測じゃなくて
「なんで予測が外れたのか」を考えるためにあれを買っている。

牧野:
最近、社会で「これは問題だと思う」ことは何かありますか?
僕は、医療。

ある医者が
「日本では手術の機会が少ないので、ベテランになれない」
と言っていた。
しかもベテランになっても、日本じゃ同じ報酬しかもらえない。

命に関わる病気で、肝臓の権威だから
といって手術代を高くすると袋叩きにされる。矛盾している。

松田:
病院については同感です。なんでそんな仕組みなんだろうかと思う。

薬の許認可もそうですね。
日本で使える薬が限られていて、それを使って駄目ならあきらめるしかない。
アメリカなら10倍くらいのものが使えるのに。

澤田:
問題に思うことはいっぱいある。

一番は政治。
景気がいいときは誰がトップでもいい。
問題のあるときに大事になるのがトップ。

今ほど政治が大事なときはない。
能力を持った人が日本国の経営をすべき。

牧野:
起業する場合は、社会に成し遂げたい思いだけじゃなくて
個人的な喜びもある。

でも政治家だと、個人的な喜びが得がたいので、
本当に想いのある人しかなろうとしないんじゃないか。

●起業家に共通する成功スキルは?

松田:
ここ(大挑戦者祭)に集まっている人は、成功する素質がある。

不景気に何かやろうと思えている人は強い。

ピンチはチャンス。
オバマさんのいう「チェンジ」はチャンス。

今こそすごいビジネスが生まれるんじゃないか。

飲食業1つとっても、今なら家賃が安くなったり、人材が取りやすかったりして
始めるのにいい環境である。

つまり損益分岐点を下にできる。

ローコスト経営で始められて、
景気がよくなればそのままプラスになる。

澤田:
今が一番難しい時期。
難しい時期だからチャンスがある。
独立してこの1年乗り切った人は成功する。

ただ、この時期は資金調達が難しい。

経営は、お金があれば絶対つぶれない。
最低3年持ち堪えられる資金力、資金調達を考えてほしい。

人間向いてる向いてないがある。
起業に向いていない人もいる。

想い、やる気、志が大事。それを持てるか。
最初だけならみんな持てる。問題はそれを継続できるか。

安易に「やれ」というと潰れる人も多いから、やれとは言わない。
でもやってみればやりがいもあるし、チャレンジしてほしい。

松田:
こういうご時勢にやりたいと思ってる人はやるべき。

妹が去年、家を買いたいと言って来たんだが、
「一年待て」と言ったら、暴落する様子を見て
「やっぱりしばらく待つ」と言った。

本当に買いたいなら暴落している時でも買う。

起業も同じで、一昔と違って今は
会社を創れば儲かるという時代ではない。

それでもやりたいという人は、やるべき。

●まとめ

澤田:
「やりたい」という気持ちが一年続くならやればいい。

その間に勉強しておいたほうがいい。
歴史や思想、戦略・戦術の本を読むべき。

そして自分のやりたいことの勉強

やる時(≒買い時)だと思ったら、やる。

松田:
起業に限らず、期限を決めて転職してみるのも良い。
区切りを作って考えてみるといい。

期限を決めると、「この期間に何かを得よう」
と思えるようになる。

転職などする時、「給料下がってもいきたい」なら本物。

牧野:
想いが高まるまではやらないほうがいい。
ビジネスチャンスなんてみんな見つけられる。

大企業で学ぶこともあるが、1~2年くらい。

オールマイティにやってみる経験も大事。

自分で起業するのもいいが、その前に
例えば小さな会社に入ってみるのも1つ。

大きな組織にいる人は、
どこかでその組織を抜けてみると、活きた勉強になる。

この記事をシェアする

コメント

  • 昨日は来てくれてありがとう!

    楽しんでもらえたら幸いです★

    by えのあゆ 2009年3月12日 11:44 PM

  • [...] ドリームゲート大挑戦者祭にいってきました。 [...]

    by mixi日記復活?(mixiから見ている方へ) | A-ducation 2009年3月15日 1:29 AM

  • いえいえ、こちらこそ主催ありがとう!
    楽しかったです。
    来場者の顔ぶれもすごかったね。

    by admin 2009年3月17日 1:40 PM

down コメントを残す