sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

創業6年目に入りました。

calendar

9月から、エイリストもついに6年目に入りました。

(なお一度 決算期変更をしているため、会計年度的には今年2月からすでに6期目に入っています)

7〜8月は新卒学生も動かない時期ということで
既存事業をメンバーに任せ、不動産事業の仕込みをしていました。

去年の終わりに「今年はメンバーに任せた仕事を巻き取らない」という目標を立てたので
その目標は実現に近づいていると思っています。

就活SWOTも、方針には口を出したりしていますが
実行部分はほとんどメンバーに任せてしまっているし、
人材紹介事業も、ほぼ現場にいるメンバーに任せられるようになりました。

人材方面の事業にせよ、不動産方面の事業にせよ
実働の時間を減らして 方針の検討に時間を使えるのは有り難いことです。

9月は2016新卒の就活スタートに向けて就活SWOTの方が忙しくなりつつも
不動産領域でも、試験的に新サービスの運用を開始しています。

まだ正式公開ではないのですが、現在2社とパートナーシップを組み、
下記のような物件配信サービスを試験的に運用開始しました。

オーナーチェンジ不動産ズ http://ownerchange.com/

既存事業が安定期に入っているからこそ、
現在は色々な可能性を模索している段階です。

ひとりぐらし白書は、「賃貸物件検索メイン」から「住環境クチコミメイン」のサイトにシフトチェンジし、まずは利益度外視で「土地勘ない場所での新生活」を応援するサービスにしていきます。

(自分自身、「この街はどんな場所なのか?」を調べるために使っていますが、地味に便利です。
 自社のサイトに対して「地味に」便利などと言っていてはダメかもしれませんが…)

どの事業も最終的には「メディア」の立ち位置で事業拡大していきたいと思っていますが、
検索流入頼み、ソーシャルメディア流入頼みの事業ではなく、
本質的かつ根強い需要があるサービスを展開していきたいと思っています。

不動産投資については、一昨年頃から本格的にスタートしたのですが
おかげさまで個人レベルとしては上手く行きすぎな程度に成果も出始め、
今回のサービス考案につながりました。

その強みを活かして、痒いところに手が届くサービスを作っていくつもりです。

ゴミのようなコンテンツを増やして量で勝負するのではなく、
「エイリストの運営するサービスは本質を突いている。」
「あのメディアに載る情報は質が高い。」
と言っていただけるよう事業展開していくことが目標の1つです。

口で言うほど簡単なことではありませんが
そういった考えで事業展開できる企業文化にしていく事も重要ですし、
その考えを大事にしつつも事業拡大も両立できる会社にしていきたいと思います。