sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

イベントフォースで見つけた、Webサービス勉強会に行ってきた。

calendar

reload

アルカーナの運営する「イベントフォース」で見つけたイベント、
ウェブサービス勉強会に参加してきました。

予想外に参加人数が多く、「参加型勉強会」にするのは大変難しそうでしたが、
前々からお会いしてみたかった方にもお会いできたし、
個人的には参加してよかった!と思えるイベントでした。

自分自身も、「最初のユーザーをどう集めるか。」

というテーマで、体験談を話させていただきました。

最初のユーザーは、クチコミを発生させる上でもとても重要な存在。

サイトに対するロイヤリティを高くすることが非常に重要だと、
個人的には考えています。

僕の場合よくやるのは、無料で何かをユーザーにプレゼントすることや、
いわゆるソーシャルメディア上で自分自身が活発に活動することです。
(ブログやSNS、最近ならTwitterなどで、
自分をブランディングすることでサイトの認知度を高める)

価格コムさんのスタートアップ時の話も
話題にあがったのですが、

創業者の方が一日一回、おすすめのウェブサイトを紹介するメルマガで
「個人として」運営していた価格コムを紹介してもらっていたのだそうです。

有名なウェブサイトにも、「最初の一歩」があったことを感じさせられます。
その後、価格コムはYahoo!japanのクールサイトで紹介されたのが
ブレイクポイントとなり、一躍有名サイトとなりました。

以下、色んな方の発表があったので、
お1人ずつ紹介していきます。

ライブドアに売却されたJbbsというレンタル掲示板や
ミルクカフェ、受験ちゃんねるなどを運営されていた
けんすうさん(現・ロケットスタート代表)も主催者の1人として参加されていました。

最初はレンタル掲示板のみからスタートされたそうですが
人の気配がないと、コミュニティサービスは流行らないもの。

掲示板も、作っただけじゃ流行りません。

最初1~2ヶ月はほとんど人がいなかったとか。

そこで、設立初期の頃は、自分が100人分動くつもりで、
掲示板を盛り上げておられたそうです。

ユーザーから1つ書き込みがあったら、自ら5人分のレスをつける。

そうすると、「この掲示板は流行ってる」という認識を
ユーザーに持ってもらえるので、さらに書き込みが増えていく。

泥臭くて地味ですが、スタートアップの時って
どこもそんな感じなんだなー、と思いました。

本当に大事だと思います。こういう姿勢って。

一旦流行りだすと、あとは雪だるま式。
月間1000万くらいのPVがあったそうです。

.

同じく、学生向けコミュニティである
キャスフィ」管理人のKさんもいらっしゃいました。

キャスフィは、2002年に出来た学生ポータルサイト。
もともとは、学生検索サイトだったが、
「フリースクリプトで掲示板置いたらそっちが伸びていった」そうです。

何が伸びるか、なんて最初の段階じゃわからないものですよね。

.

老人ホームのクチコミサイトや高齢者向けポータルサイトを運営する、Creator’s NEXTの窪田さんからも、コミュニティサイトの運営体験談がありました。

施設を探す側にちゃんと情報が行き渡っていない中、
老人ホームに入ることは2000~3000万円規模の、非常に大きな買い物。

その中で、老人ホームと高齢者の橋渡しをするサイトを運営しておられます。

しかし、どんなクチコミサイトでも、作ったばかりの時はクチコミがない。
クチコミ情報がないから、ユーザーも集まらない。

そこで窪田さんが意識されていたのは、「期待してもらうこと」。

Faxなどで関係する機関にサイトの告知を送り、

理念を理解してもらうことで

「こんなサイトがあるのか。これから便利になってほしい」という期待をしてもらって
紹介してもらう/投稿してもらうことでサイトを大きくしてこられたそうです。

.

また、学生のクーポンサイトを運営されていた方から
「地域限定サイトであれば、ポスティングによる告知も有効である」
という体験談が発表されました。

.

写真でボケるサービス「bokete」 を運営されている、オモロキさんの場合は、
Yahoo!の大喜利掲示板で実際におもしろい人に写真投稿をお願いされた。

その分野でよいコンテンツを発信している人を取り込む、
というのはやはり非常に重要ですね。

たとえ人脈がなくても、
「どこにその道のプロがいるか?」を考え、
行動することが大事なんだと思います。

※一応、サイトにお名前・社名の出ているところだけ
実名出させていただきましたが、内容含め問題がございましたら酒井までご連絡ください。

その後は、グループワークを行った後、
会場に集まった人同士での交流の時間もあり
非常に有意義な時間でした。

企画運営に携わったみなさま、ありがとうございました!そしてお疲れ様です。

.

この記事では省略した話もあるので、
その他の話は、別の方の記事からどうぞ。

Webサービス勉強会に参加してきました