sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

SugarSync難民(あるいはDropBox難民)になりました

calendar

こんな記事が話題になっていました。
クラウドストレージのSugarSync、フリーミアムを捨て有料アカウントモデルへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SugarSync。クラウドストレージに長く厳しい戦いを続けた剣闘士は、金に走る決断を下した。同社は今日(米国時間12/10)、「有料のみ」のサービスモデルに移行し、無料ストレージを廃止すると発表した。

無料アカウントは2014年2月8日に終了するが、ユーザーは90日間5GBまたは30日間60GBのトライアルに登録することができる。しかし、無料ストレージを使い続けさせるのではなく、SugarSyncはできるだけ早くユーザーを収益化しようとしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実はSugarSyncはリリースされた直後から使っておりまして、
「紹介プログラム」で300名くらいの方に登録していただいた結果
今では無料プランのまま150GBもの容量を獲得しています。

今回無料プランが無くなるということで、
「有料プランに移行するか、150GBのボーナス容量を破棄して利用をやめるか」
という2択を迫られることになってしまいました。

実を言うと、
「明らかにDropBoxの方が市場シェア取れているし、SugarSyncに依存するのは危険だなー」
と思っていた節はあり、SugarSyncの容量が100GBを超えた頃から
「これからはDropboxの容量を増やそう」
と思い、ブログで紹介しながらボーナス容量獲得に励んでいました。

(※有料プランに移れという声が聞こえてきそうですが)

しかしながらDropBoxはすでにダウンロードしている方も多いため
なかなか新規ダウンロード件数は増えず、
無料プランでの容量は現時点で16.73GBしか無いという状況です。

SugarSyncでは150GB中、75GBほど利用してしまっているため、その差は約60GBです。

SugarSyncの無料アカウントが2014年2月8日までしか使えないということなので、
それまでにこの差をなんとかしないといけません。

そんなわけで、とりあえずDropBoxアカウントの方を育てる方向に路線転換
…しようとしたのですが、
なんとDropBoxの紹介プログラムは、最大16GBまでしか獲得できないそうです。
img 291

今自分の容量が16.73GBなのですが、どうもこれは「初期の2GB + 14.73GBのボーナス」で合計が16.73GBとなっているようです。
img 292

ボーナス容量の内訳を確認してみたところ、14.73GBのうち
紹介プログラム経由のボーナス容量は10GBでした。

(残りの4.73GBのうち、3GBはカメラアップロード機能の設定ボーナス)

ということは、これ以上DropBoxの紹介プログラムを活用しても
上昇余地はあと6GB分(12人分)しか無いということになります。

あなたが紹介した友達がコンピュータに Dropbox をインストールして参加するごとに、あなたと友達に 500 MB のボーナス容量を差し上げます!(最大 16 GB まで)
容量がもっと必要な場合は、アカウントをアップグレードしてください。

うーん…

詰みました ←今ココ

【追記】

うーん、その発想はありませんでした(笑)
色んな見方ができるものですね。

自分はDropboxもSugarSyncも両方使っていたので、誰かに薦めるにしても「両方使って使い分ければいい」というスタンスで紹介していました。

この記事で言うところの「依存するのは危険」というのは、
自分のボーナス容量が100GB以上にもなって
「移り先がなくなるレベル」だったことに対して「危険」だと言っています。
(説明不要だと思ったのですが、確かに語弊のある書き方でしたね。)

そのリスクを感じるようになったのは「ボーナス容量が100GBを超えた後」であり、リスクを感じつつボーナス容量を獲得していったわけではありません。(順番がそもそも逆です)

一般的なユーザーさんであればボーナス容量が100GBにもなるなんて有り得ないことでしょうし
数GB程度の話であれば、Dropboxなど他社サービスへの移転もそんなに大変なことではないと思われます。

なので、他のユーザーさんがSugarSynCを登録するにあたり、そこまでのリスクはなかったものと思っています。
「SugarSYNCに依存するのが危険」なのは、あくまで私自身の話ですので、悪しからず。