sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

今更ですがGoogleの手動ペナルティを解除する手順・注意点について

calendar

個人的に質問をいただいたため、参考までに共有させていただきます。

今更な話ではありますが、2013年の秋くらいからGoogleから手動ペナルティをくらうサイトが増えています。

手動対策ビューア: ペナルティ状態をGoogleウェブマスターツールでチェック可能に
参考:万が一に備える!GoogleのSEOペナルティ解除手順まとめ(テンプレート付)

特に多いのが「不自然なリンク」に対するペナルティです。

【どういったリンクがペナルティ対象になっているのか】
eまちタウン、iディレクトリなど、
大手運営のディレクトリサイトまでスパム扱いにされている事があり
今までになく厳しく取り締まられているようです。

今まで、これらのサイトは「登録すべき」だと推奨されることも多く、
一応審査も行われるため、これをスパムとして指摘され「寝耳に水」だった企業も多いのではないでしょうか。

(実は、エイリストでも就活SWOTがeまちタウンやヨミサーチ系などのディレクトリサイトに登録しており、「不自然なリンクがある」ということで手動ペナルティを食らっていました。)

それ以外では、低品質なディレクトリサイト(所謂、ヨミサーチ系のディレクトリ)なども取り締まり対象になっています。

ワードサラダ的なコンテンツは言わずもがな。
「読める文章」で書かれた記事であっても、サイト全体との関連性が薄い場合は「疑わしきは罰する」くらいのスタンスで摘発されています。
俗にいう「ペイパーポスト」と呼ばれるものですが、お金をもらって記事を書き、リンクを入れていると思われるようなものは取り締まり対象になっているようです。

【手動ペナルティをくらうとどうなるのか】

基本的には、サイト全体ではなく「部分的に適用」されるサイトが多いものですが
部分的に適用と言いつつ、実際にはサイト全体のアクセスダウンにつながる場合もあります。
ひどい場合、サイトのトップページが、サイト名で検索しても出ないというケースすらあります。

【手動ペナルティをくらったら、どのくらいで解除できるのか】

残念ながら、完全解除までにはかなり時間がかかります。
サイトの規模にもよるのですが、一発OKで済むことは少ないようです。

申請してから審査されるまで1~2週間かかり、それを複数回繰り返すことが多いため
数ヶ月かかることが多いようです。
(ただし段階的にペナルティは解除されていきますので、完全解除されなくとも再審査をしてもらう意味はあります。)

ウェブマスターツールで確認できたリンクを全て削除できたとしても、
今度はウェブマスターツールに出てこないリンクも指摘されるようになりますので
フィードバックを考慮しながら 再審査→再度対策→再審査 を繰り返すことになります。

【全部削除が無理、という時は…】

またサイト規模が大きい場合には、すべての不自然リンクを削除するのはおそらく不可能です。

その場合には
「リンクを削除するためにこのような事を頑張ったが、運営者が削除してくれなかった」という旨を伝えながら
リンク否認ツールで無効化するというのが現実的な対応になると思います。

否認したいリンクの掲載されたページのURLリストをテキストファイルで作成し、それをツールにアップロードします。
否認するURLは1行に1つ記載します。

リンク否認ツールを使うときの注意点としては、
「URL単位」「ドメイン単位(domain:☓☓.com のように記載)」での否認があるのですが、
仮にウェブマスターツールで検出できた全てのURLを否認しても、ウェブマスターツールに出ていない別のリンクが引っかかる可能性があります。

(それでも検出するための努力としては、OpenSiteExploreなどの外部ツールの利用、SEO会社側からリスト提出させる、すでに発見しているリンクを参考にして、同じテキスト文言が掲載されているサイトを検索エンジンから発見する、などが考えられます)

ですので、「ドメイン自体がスパム業者の所有物」である場合は、URL単位ではなくドメイン単位で否認することをオススメします。

なお、複数ユーザーが1ドメインを利用しているサービス(例えばAmebloなどのブログサービスとか)をドメイン単位で否認すると、良いリンクまで無効化されてしまいますので注意が必要です。
1つのドメインを色んな方が使う可能性があるサイトの場合は、いささか面倒ですが「URL単位」で否認をすることになります。

ただし、マイナーなブログサイトなどであれば、サービスごと否認してしまうのも1つの手かと思います。

また、「サブドメイン単位での否認」も可能です。
seesaaブログやFC2ブログなどは、ユーザーごとにサブドメインが異なるため「サブドメイン単位」で否認するのが早いです。

SEO会社が、勝手にそのような無料ブログからのリンクを作っていたため、今になって困っている企業さんも多いと思われます。
エイリストはSEOコンサルの会社ではないので細かい部分はSEO会社の方に聞いていただく方が良いかと思いますが、自分なりに色々調べたので参考までにシェアさせていただきました。

月並みですが、これからはとにかく地道に良いコンテンツを更新していくしかないな、と思っています。
もちろん抜け穴的なテクニックはいくらでもあるのでしょうが、それに配慮しながら対策する手間や、地雷を踏んだ時のリスクを考えると合理的ではないということです。

また、こういった事があるからこそ、検索エンジン経由の集客だけに頼るのは良くないと改めて実感しました。
ウチでも今は検索エンジン以外のチャネルからも流入が増えるよう意識しており、結果として検索流入も増加してきています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す