sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

「Going my way」運営kengo氏が語るAMNブロガー勉強会(前編)

calendar

reload

アジャイルメディアネットワークのブロガー勉強会に参加してきました。

ITMedia

“IT戦士”こと岡田有花記者

Going my wayのkengoさん

がゲストパネリスト。

テーマは、ウェブ上の文章の書き方についてでした。

メモ程度ですがご参考までに。

IT戦士・岡田さんの話

1日に5~10本の記事を執筆。

サイトのPV数が少ない時は多く書いたりするらしい。

(なんか思ったよりも柔軟なんですね…。)

毎日、前日に翌日の記事のニュースを書く。

朝にニュース、はてブなどを見る。

午前中に記事にしたいネタがあった場合は、起床後すぐに書く。

最近は記者の仕事だけやってるわけにもいかないらしく、

広告周りの稼ぐ仕事もされるそうです。

上司曰く、「森羅万象がお前のネタだ。」

情報元は、

企業からのメールリリース

日経PR

2ちゃんねる

はてブ

ニュースサイト

など。

意外にも、RSSリーダーは使わない。

岡田さん曰く「挫折した」らしいのですが

司会のカイさんの補足によると、

「記者やってると、メールがめちゃくちゃ来る。

RSSなくても直接情報が来る。」

1日で未読1万件になるくらいのメールが来るそうです。

(9割はスパムだが)

1つの記事を書く目安の時間は、

・小ネタ系 →5分で書くのが目標だが、実際5~30分くらいかかってる

・発表会、取材系 →1~3時間くらいかけて書く

・個別取材 →1日~数日かけて書く

印象に残ったのは、

「読者は暇じゃない」

という言葉。

何がニュースなのか?

何が新しいのか、何がすごいのか

「逆三角形」で書く。

結論ファースト。

重要なことから順番に読者に読んでもらう。

RSSリーダーでほとんどタイトルしか見てない人のためにも、

「一言でわかる」ような説明をするように心がけている。

「とにかくユーザーを自サイトに誘導する」ようなサイトとは対照的な、

ニュースメディアとしての誇りを感じた気がする。

あともう1つ興味深かったのは、

「PVが最大の指標」だとキッパリ決めているということ。

わかりやすくていいと思う。

以上前編。

後編のkengoさんの話はまた明日の夜くらいに。

余談ですが、同じ机に座った方に見覚えがあると思ったら

なんと、昔インターンしてたNGOのスタッフさんでした。

アジャイルメディアネットワークの

ブログネットワークに加盟しているらしい…。

意外なところで会うもんでびっくりしちゃいました。^^;

【関連記事】