sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

インセンティブ制度の導入〜リターンを「想像」できる事は成果に結びつくのか?〜

calendar

今までのエイリストでは、ボーナスの金額は感覚で決めていたのですが
「ある程度ルールを決めてしまった方がメンバーのモチベーションも上がるのではないか」
と考え、今回初めてインセンティブ制度を導入することにしました。

仕組みとしては割りとシンプルなのですが、
[1] 四半期ごとに販管費+営業利益20%を「基準額」として設定
[2] 基準額を上回る粗利(売上ではない)を達成したら、上回った金額の60%をメンバーの賞与として還元
[3] 還元される利益分配金を、貢献度に応じて配分

強いて言えば[3]の部分はもっとルールを考えなければ、感覚で決めることになってしまうのですが…。

なお、上記は全社業績に連動するインセンティブなのですが
営業メインのメンバーには、営業重視の算定方法を提示しています。

(全社業績が伸びていても、個人の成果がゼロではダメですよね、ということで…。)

こうすると、粗利ベースでどのラインまで行ったら
どのくらいのインセンティブになるか、メンバー自身で大体「想像」することができます。

「想像」できることが成果に結びつくのか、意外とそうでもないのか、
まず3〜6ヶ月ほど試しにやってみて検証してみたいと思います。