sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

「就活を通じて成長する」という考え方

calendar

reload

就活SWOTを立ち上げたのは今から3年前なのですが、
早いもので今年もすでに、新3年生の就活が始まってきています。

(すでに夏のインターンで内々定をもらっている学生も出てきています。)

早い場合で大学3年の春、遅い場合でも3年の冬には
多くの学生が就活を開始する…というのが現在の就活です。

一部ではそれに対しても批判あります。

昨年からリクナビ、マイナビ、エンジャパンなどを始めとするナビ系サイトの
グランドオープンは12月1日に変更され、
2012年もそのまま12月となる予定になっています。

しかしその事により、逆に負担増を感じた就活生がいる事も事実です。

2010年以前は、10月にナビがオープンしてプレエントリーをしながら企業研究する機会があり、
エントリーシートの書き方や自己PRの考え方に始まり
ロジカルシンキング、ディスカッション、など様々な切り口から「就活支援」のセミナーが開かれます。

これに対して2011年の就活はどうだったかというと、
12月に多くの就活生が一気に就活を開始し、
企業研究をする時間はほとんどないまま
エントリーシート提出、選考の時期に入る事になりました。

実際に企業人事担当者の間では、
「例年よりエントリーが集まりにくかった」という声が出ています。

この問題は色々な視点で問題がありますが、
個人的にすごく残念に思っているのは
「就活を通じた、学生の成長のキッカケが失われている」という事です。

【就活を通じて成長する、という考え方】
大学生活の中盤に就職活動が入ってくるため
「学業はどうするのか」
「大学生活の中で何かを成し遂げる前にどうやって評価するのか」
という批判もあります。

しかし私はむしろ
「就活を通じてどれだけ成長できるか」
「就活で得た気づきを大学生活にどうフィードバックするか」
の方が大事であると考えています。

例えば
ESを書く作業を通じて、自分の考えを簡潔に伝える方法を学ぶ。

グループワークを通じて、論理的な思考や、他者と議論する力を身につける。

など、社会に出ても有用なスキル、考え方の中でいくつかは、
就活を通じて身に付けることが可能です。

もちろんこれらの成長は、就活以外の場でも得ることが可能です。

しかし「就活」を始める前の学生にとって、
ビジネスとはどういうものか考えるキッカケはなかなありません。

大半の学生にとっては、就活がキッカケとなりやすいのです。

【就活を意識すれば、大学生活は大きく変わる】

何よりも、就活を少し意識することで大学生活も大きく変わります。
そのことについて書いて行きたいと思います。

就活を通して、就活生は色々な問いを投げかけられます。

「学生時代に頑張ったことは何か」
「なぜそれをやろうとしたのか」
「それをやっていて自分がやりがいを感じたのはどういう部分か?」
「どんな場面でリーダーシップを発揮しましたか?」
…などなど

大学生活の早い段階でそれを意識することで、
その後の大学生活で軌道修正が出来、大学生活がより充実したものになります。

「まだまだ自分には学生時代に頑張ったことが無い」と思ったなら
新しい活動をスタートすることもできます。

今すでに頑張っている事があるなら、
その活動のクオリティをさらに高められる可能性もあります。

もし、大学生活卒業の直前になって初めて
「学生時代に頑張ったことは何か?」と聞かれても
もうそこから軌道修正することは出来ません。

自分で自分を振り返り、軌道修正できる学生にとってはどちらでも良いかもしれませんが、
そういった学生ばかりではありません。

【就活にこだわる必要はないが…】

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
私が言っていることは一言で言うならば「PDCAサイクルを回すことが大事」ということです。

「適宜振り返りを行いながら、自分の取り組みを改善していくことが大事」と言っても良いでしょう。

就活にこだわる必要はありませんが、
一方で就活は学生にとって「半ば強制的にP-D-C-Aの”Check”を求められる」良い機会であるとも言えます。

そういった意味では大学1〜2年からでも意識していてもらいたいところですが、
遅くとも3年の夏から秋には意識し「何らかの気づき」を得てもらいたい、と考えています。

就活に追われる日々を送るのではなく、
就活への意識を日々の大学生活に「取り込む」ことが出来れば
「就活が忙しくて学生の本分が果たせない」と言われる事もなくなるのではないかと思います。