sakazuki.info

たまに近況が更新されたりします

Paypalより安い、中国銀行を使った中国への送金方法

calendar

reload

【追記】コメントをいただきました。当サービスは残念ながら終了となるようです。

中国銀行サイトより
送金スーパーライン取扱中止のお知らせ
お客様各位:
 いつも当行をご利用頂き誠にありがとうございます。
 さて、当行が既に展開しているインターネット・バンキングは、送金業務も取扱う事ができるため、当行では下記予定で送金スーパーラインの取扱いを中止する運びとなりました。中止までの予定は下記の通りですので、ご留意いただけますようお願い申し上げます。
2012年8月10日以降、新規の受付を中止致します。
2012年12月10日以降、送金スーパーラインの取扱いを全て中止致します。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。また、送金スーパーラインに代わる商品として、インターネット・バンキングの取扱いがございますので、ご送金のご用命の際は是非ご利用下さい。

—–
本日から5日間、大連にいる内定者のTくんに北京まで出張してもらっています。
(AIESECメンバーのStudytourに同行させていただいております。)

北京大学、清華大学、北京外国語大学を回って
エイリストのインターン希望者を面接してくる予定です。

(ぜひ、モチベーションの高いメンバーを採用お願いします!)

その関連で日本→中国へ出張費用などを送金したため、
その送金方法について書き留めておきたいと思います。

【注意】

中国地方にある中国銀行と、中国にある中国銀行(Bank of China)は全くの別物です。
本文中に出てくる中国銀行は、基本的にBank of Chinaを指します。

中国への送金で一番割安なのは、中国銀行のスーパー送金ライン

去年まではPaypalのサービスを利用して送金していたのですが
手数料コスト削減のため今年から中国銀行のスーパー送金ラインを利用する事にしました。

Paypalの場合、paypalアカウント間の決済時手数料に加えて、
決済後に中国側でpaypalアカウントから引き出す時にも、手数料がかかります。

Bank of Chinaのスーパー送金ラインは手数料が3000円となりますが、
Paypalの場合、仮に10万円振り込むとして倍以上の手数料が発生します。

送金が一回限りであればPaypalを使った方が良いのですが、
同じ相手に対して定期的に、万単位の金額を送金することがあるのであれば
中国銀行を利用するのが良いでしょう。

振込前に初期設定

まず、初期設定が必要になります。

http://www.boctokyo.co.jp/jp/service_a_02.html

まず赤坂見附や大手町などにある中国銀行の東京支店に行き、口座設定を申し込みましょう。
東京以外は、こちらをご覧ください。横浜、大阪、名古屋、神戸に支店があるようです)

個人の場合

1. 必要書類
身分証明書:外国人登録証明書・健康保険証・ 運転免許証・パスポート(住所が明確に書かれているもの)・住民基本台帳カード(顔写真付)等
2. 念のためご印鑑
注: 規定により、送金依頼人の本人確認と資金源の確認を行う場合があります。

法人の場合

1. 必要書類 
登記簿謄本 現に任にあたる方の身分証明書
2. 社印 (持ち出せる場合のみ)

カードを郵送してもらう

設定をお願いした後、3週間程度で振込に利用するカードが届きます。

なお、ここで届くカードはATMに読み取らせるためのカードではなく
単に振込先の番号を伝えるためだけのカードになっています。

カードに書いてある番号だけ覚えておけば
カード自体は手元になくても振込することができます。

振込の方法

カードが届いたあとの振込フローは、下記のようになっています。

http://www.boctokyo.co.jp/jp/service_a_02.html

実際の振込は「三井住友銀行」の中央支店にある、中国銀行の口座に振込みます。
そうすると、中国銀行の方で、日本国内にある三井住友銀行の口座から、中国国内の中国銀行口座に振込をしてくださるようになっています。

つまり、三井住友銀行に振込ができれば、どこからでも振り込むことが可能です。

今回は三井住友銀行まで出向いてATMから振込を行いましたが
三井住友銀行系列ではない他の銀行から振り込むことも可能ですし、
ネット銀行からでも振り込むことが可能ということになります。

最初に初期設定のため赤坂見附に行くことは若干面倒ですが、
一度開設してしまえば、あとはどこからでも振り込めるというのは便利ですね。

その他備考

送金は1日、と記載されていいますが、送金→着金までには1~3日かかってしまいます。
(今回試してみたところ、2日程度でした。)

なお、送金する際の情報が間違っていると、中国銀行から電話がかかってきます。
(初期設定時に登録した名義と、振込時の振込元名義が食い違っている場合など)

なお、エイリストでは中国人学生向けに微博(マイクロブログ・中国版Twitter)を運営しています。
weiboをお使いの方は、是非フォローお願いいたします!
現在、フォロワー3000名突破しています。
http://www.weibo.com/shukatsu/profile?topnav=1&wvr=4


マーケティング・経営ランキング

この記事をシェアする

コメント

  • 中国銀行サイトより
    ————————————–
    送金スーパーライン取扱中止のお知らせ

    お客様各位:
     いつも当行をご利用頂き誠にありがとうございます。
     さて、当行が既に展開しているインターネット・バンキングは、送金業務も取扱う事ができるため、当行では下記予定で送金スーパーラインの取扱いを中止する運びとなりました。中止までの予定は下記の通りですので、ご留意いただけますようお願い申し上げます。

    2012年8月10日以降、新規の受付を中止致します。
    2012年12月10日以降、送金スーパーラインの取扱いを全て中止致します。

    お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。また、送金スーパーラインに代わる商品として、インターネット・バンキングの取扱いがございますので、ご送金のご用命の際は是非ご利用下さい。

    by REI 2013年3月7日 4:17 PM

down コメントを残す